無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 介助犬センター訪問から母学ぶ | トップページ | 雪遊びレポート »

思春期編振り返り

13日は、なっきー講師によるママゼミ「思春期編」に参加しました。

我が子がちょうど思春期に入り、カラダの変化や心の変化に戸惑いながらの様子なので、自分のその時期の話をしたり、思春期になったんやから、成長してる証拠よ~大丈夫!と声をかけたりしています。やはり、自分ひとりが友人とは違うと感じ、不安感を抱いている様子です。仲良しの友人にも話ができない様子なので、みんながそういう時期に入れば、安心できるんじゃないかなぁと思っていますが。

なので、今回の内容はとても興味深く、娘と同じ状態だなぁと安心できる、とても良い学びになりました。

エリクソンの発達段階の表の説明、思春期はアイデンティティが確立する時期と重なり、自分とは何者なのか!?と思い悩み、親とは違う人生を歩き始める時、という言葉に、共感しました。「お父さんって、ちょっと変だよね?」と話した娘に驚きましたが、親への第三者目線が確立してきたんだと、納得できました。

また、子供の友人関係の悩みを聞き、自分が想像している以上に我が子は深く考えていることに驚きました。でもまだまだ態度の一貫性のなさは多々あり、ぎゅっとして~と甘えてくるので、その時は愛情パワー注入!しております(^o^)

「枠」という安全な場所を与え、どこまでが良くて、どこからが悪いのかをきちんと伝えてあげるべきで、ダメしか言わないと聴いてもらえなくなる
また、夫婦でこの枠に足並みが揃わないと、子供がそこをついてくる
という話もありました。

親も成長段階なので、感情にまかせてしまい怒り衝突していまうこともありますが、ひとつひとつ子供と向き合い、夫婦でも話し合いながら、乗り越えていかないといけないなぁと考えさせられました。

とても、学びの深いママゼミ、なっきーありがとうございました。

早速、実践していきたいと思います!!

« 介助犬センター訪問から母学ぶ | トップページ | 雪遊びレポート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思春期編振り返り:

« 介助犬センター訪問から母学ぶ | トップページ | 雪遊びレポート »