無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 夏休みも終わりです | トップページ | わいわいキャンプⅨレポート »

福島プロジェクトレポート1

Img_4112_2
こんにちは。なっきーです。

夏休み後半に行った被災地支援専門家派遣ボランティアの報告をします。

 

 

私が所属する日本臨床発達心理士会(JOCDP)は、「日本発達障害ネットワーク」(JDD)に所属しています。他に臨床心理士、作業療法士、言語聴覚士、特別支援教育士といった専門資格者の団体で形成されている団体です。

JDDの活動の一つに東日本震災の被災者支援があり、福島プロジェクトはその中でも原発事故から避難生活を送っている障害児のための支援プロジェクトです。

現地で今も不足する支援ボランティアの中でも専門家のアセスメントや直接支援が受けられるということですが5つの加盟団体のうち、4つの団体が「専門家派遣」を有償または無償のボランティアで実施していて、今年度参加しました。

平均すると一ヶ月に3日程度滞在して療育手帳の更新のための知能検査を行ったり、地域の関係団体のミーティングに出席して意見を述べたりすることが主な活動となっています。

派遣先となっているNPO法人ゆうゆうクラブは障害児のための放課後学童保育の施設で、そちらに通所する子どもと遊んで指導員や保護者の相談に乗ることもあるそうです。

今回私が8月に派遣になった時には、臨床発達心理士会埼玉支部長でご出身が福島県である須藤先生と一緒でした。先生は特別支援学校の教員を永くされておられますが、一方で神経生理学の研究をされているということで、FISTで行っている視知覚の検査にも詳しく、また自閉症児の療育アセスメント法の一つであるTEEACHプログラムをアメリカまで行って研修されている方でしたので心理士としても、現地関係者としても先輩として教えて頂くことができました。

Img_4100_2
8月20日水曜日から22日金曜日までの3日間となっていますが、実際には移動に丸一日掛かるので、私は19日の朝から出発して、新幹線のぞみ・やまびこを乗り継いで更に福島から相馬市までバスで一時間半掛かって夕方宿舎に到着しました。

Img_4135

荷物を置いてゆうゆうクラブの代表者管野さんに保育所へ案内してもらいましたが、途中で電話が入り、保護者とお話をされていました。実は病院から紹介があって、一度発達検査をしてもらったらどうかとリファーがあったのです。宿舎への車の中で依頼の話を伺い、いつもFISTで行っているような小学校一般籍のお子さんの発達の偏りをアセスメントするというものでしたので、引き受けていましたので、掛かってきたお電話に代わってもらって「学童保育所だからおもちゃもあります。下のお子さんも遊べるので安心していらしてくださいね。」と声を掛ける事ができました。

検査セットも2階のお部屋に用意してもらってあります。知らない場所で知らない人の中での検査となりましたが、いつもやっている仕事であればお役に立てるのではないかと思い、宿舎に入りました。

須藤先生に福島の現状や埼玉の臨床発達心理士の活動などについてお話を聞かせていただきながら夕食を共にし、翌朝に備えて早めに就寝をしたのでした。

相馬市は津波に見舞われた地域です。ゆうゆうクラブも松川浦が見える場所。当時、建っていた管野さんのご主人の実家であるその家は誰も住んでいなかったそうですが、一階部分に津波が押し寄せ一年掛かって修繕をしてもらったそうです。

Img_4136_2

管野さんは被災一ヶ月で、障害児とその保護者が抱えるストレスを軽減するために学童保育を始めたと言う事です。

臨床発達心理士会でも、埼玉スーパーアリーナに福島の被災者が避難した際、三日後には保育を始めたと聞きます。発達の観点から「子どもは遊ばなければいけない」と保育の場を作ることを心理士の有志が始め、避難所から仮設住宅に、または故郷にと人々が移動していく中で、騎西、いわきと所沢などで保育ボランティアを続けているのですが、障害児となると環境に慣れることがさらに難しいので親子でストレスは想像を絶することになるため、管野さんのご決断は本当に差し迫ったものであったのでしょう。

ご自宅が修繕されてから場所を現地に移して、二年半が経とうとしています。最初は個対個の関係もままならなかったそうですが、私がお邪魔した時には、すでに一つの居場所、コミュニティとして子ども達もお互いに慣れて距離がしっかりと取れています。広い空が見えて原っぱが続くロケーションの良さも環境として恵まれているのかなと感じましたが、被災された方々の心に残るものがどのようなものかは、私には想像もつかないというのが本音です。

できればあまりこちらからは話題に出さない方が良いとアドバイスいただいたので、そうしていましたが、管野さんの方からパウチした写真などを見せて説明をいただき、「つらいけれど知ってもらいたい」という気持ちを知りました。

その気持ちを上手く伝えることができるかわかりませんが、心理士としてボランティアとして気づいたことを報告しようと思います。どうぞお付き合いください。

ゆうゆうクラブさんのHPサイトは↓こちら

http://www3.hp-ez.com/hp/yuyuclub-soma/page1

« 夏休みも終わりです | トップページ | わいわいキャンプⅨレポート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/57249724

この記事へのトラックバック一覧です: 福島プロジェクトレポート1:

« 夏休みも終わりです | トップページ | わいわいキャンプⅨレポート »