無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

ふぁす活動

ラーニングルームの準備

鈴鹿市内に新しく事務所とラーニングルームを作る準備をしています。英語教室を開いている坂本さんのご好意で、ルームシェアさせていただき、少しずつ荷物や道具を運んでいます。
昨日はロバートに頼んで玄関灯を点けました。
雰囲気良くなって嬉しいです。

セルフカウンセリング講座開催のご案内

新緑をまぶしく感じる、安定した晴天が続くようになりましたね。
H27年度・箕田公民館事業のご案内をさせていただきます。
「セルフカウンセリング講座」  身近な人間関係を見直したり、自分自身についての気付きを得たいという方のために、ふぁすのアトリエの内容を一般の方向けに再構成したものとなっています。
<講師> 米田 奈緒子
<日時> 第4木曜日 10:00~11:30(全7回:無料)
<場所> 箕田公民館小会議室2 <定員> 15名程度
<申込み> 5月8日(金) 9:00~ 箕田公民館 059-382-5202   
  ※個人で申込み願います。
<内容詳細>
・5月28日 「出会いのスキル」
・6月25日 「私の中の私」
・9月24日 「人生のステップアップ」
・10月22日「心のブラックホール~ダメになる原因はここにあった?」
・11月26日 「決められない私?」
・1月28日 「私が知らない私」
・2月25日 「これから出会う素敵な自分」
※できるだけ全7回連続して受講できる方として募集をしています。
※ふぁすのスタッフをしていた者も受講しますが、箕田地区の公民館便りで案内されるため、ふぁす以外の一般の方も参加する可能性があります。

新学期スタートです

早四月も始まっています。

今日から始業式や入学式が始まっていきますね。

ふぁすの仲間も皆お仕事始めのようです。就職率100%と言って差し支えないふぁすの心理職への就業。みんな学んだことを実践してほしいですね。

学校教職員という立場の職場というグループにどんなアプローチができて、実際の支援業務はどのようなものなのかとても興味あります。一緒に学んだ仲間の名に恥じぬ行動がとれていると期待しています。

わが子も教え子も学校の生活が順調に流れていきますように!

なっきーの方は週末にスクールカウンセラーの連絡会があり、正式な辞令の交付や打ち合わせを経て学校へ出勤が始まります。気持ちははやりますが、十分に準備をして。

ふぁすの新しい一年も始まります。

ボランティアサークルとしての活動を卒業し、プロフェッショナルなNPOという位置づけに進んだふぁす。

現在組織つくりやそれに伴うHPサイトも整備中のため、もうしばらく空白が続きますが、ご了承ください。

WISC-Ⅳ実技講習会しました。

花起こし、だそうです。
今日の雨。
一雨毎に春がくるのかな。

今日は公民館会議室で、最後のアドバンスとして、WISC-Ⅳの実技講習会やりました。
来年度はこれでFISTに行きます。
初めて関わる仲間もいるので、丁寧に。
春からのFISTはなっきーを入れると9人のチームです。
仕事を迅速に正確に、そして熱意を込めたアセスメントをお届けするのがモットーです。
児童精神科医や教育行政とも積極的に繋がって子どもの健やかな育ちを支えます。

少しずつ、一歩ずつ、春のようにふぁすも変化して行きます!

忙しい週です。

Img_5338_5
こんにちは。なっきーです。いよいよ冬ですね。すごく風が冷たくなってきました。

今週はFISTとSCが入り乱れてとても忙しい週です。

今週はアトリエはありません。木曜日はスタッフミーティングです。

二学期を終えるまでに知能検査を受けて見通しをもちたい親子が増えているのでしょう。検査も今月だけで5件回ります。年内にレポートをお届けしますと約束をしています。

SCの方でも相談のほかに、支援に関わる会議に参加したり、適切な支援方法についてリサーチしたりする日々です。

今日は検査と既に行った検査の説明に学校へお邪魔する合間に、久々にランチを摂りました。たまにはゆっくりおしゃべりも大事だなあと思います。

心理職はストレスとお友達。自分でどう消化するかがプロとなんちゃってカウンセラーの違いとも言えます。常に自分の心理状態をチェックして安定した状態に持っていくことができて初めて人のお話を聞けるのですね。

先生方の頭の整理をお手伝いすることも多いスクールカウンセリング。そういうのはカウンセリングではなくてコンサルテーションというのですが、児童生徒のお話をしているうちに先生のお悩みに触れてしまうことも。でも先生が元気でいてくれることが児童生徒の一番の安心なのですから、喜んでお手伝いしますよ。

毎日元気に過ごしましょう。

箕田公民館にポスター展示

なっきーです。

良い気候になりました。運動会もおわり、巷では文化祭の季節ですね。

Img_4913中学高校や各地域の文化祭が開催されています。

ふぁすも箕田公民館の文化祭に壁新聞で参加しています。公民館サークル登録をして毎週集まっている拠点ですので、掃除や避難訓練にもスタッフが交代で参加して、文化祭にも出品しているのです。

箕田地区公民館の文化祭は明日26日です。カラオケやパッチワークの発表に混じってふぁすも活動報告のポスター展示をしていますよ。

Img_4912

昨日展示をしてきました。夏休みふぁみーゆのレポートです。皆さんから寄せられた感想や振り返りをまとめて写真入りで作りました。

午前の清掃はルーシー、午後の展示はなっきー、明日の撤収はカオルさんとスタッフのリレー作業も機動的でしょう?公民館担当の真奈美さんが手配してくれ、皆さんの活動がまとめられていきます。

やりっぱなしじゃだめ。一つ一つまとめて振り返る行動をふぁすはしているので、小さいながらも「家庭教育研究センター」なのです。

なっきーの方は、10月末締め切りの来春の発達心理学会のポスター原稿をこれからまとめます。カオルさんのに負けないくらいしっかりと、かつスタイリッシュにポスター作りたいな。

環境から考える発達心理学「兄妹姉妹の心理学」

なっきーです。すっかり秋になりましたが、日中と夜の気温差が大きく、身体がとても疲れやすい時期です。

落ち込みやすい人とイライラしやすい人がでる時期。つまらないことで衝突をしないよう、ふぁすママは自己コントロールも心がけましょう。

今週は兄妹の性格がどのようにできるのかを考えるアカデミーを開催します。ジェフリーで開催するアカデミーとは違うので気楽な勉強と語り合いの場ですので、お友達も誘って気楽にお越しください。

同じわが子でもみんな性格が違うので、男女性差だけでは解決はしませんが、男女の発達差と兄妹の人数によって環境は異なってきて、もちろん両親の関係や理念が最も子どもの人格形成には影響を与えるわけですが、兄弟の関係によってもその後の人格発達には大きな変化が出ます。

知っとく情報程度のネタかもしれませんが、秋のひと時、「あるある!」話で盛り上がりませんか?

26日木曜10時から箕田公民館でお待ちしています。

レジュメが出るかどうか、今から内容を考えますので、念のため、50円くらい、準備ください。

ではお会いできることを楽しみにしています。

2014 ふぁみーゆ開催!!

こんばんは、いちです。今日はふぁみーゆでした!!
またまた台風の心配をしていましたが、雨もなく、怪我もなく、無事に開催、一日を終えることができました。

親子で企画・参加をするこのふぁみーゆは、親、子、両者にとって企画力や関わり方のトレーニングにもなる活動です。
スタッフ側の子ども達は夏休みの宿題の合間をぬって準備にかかり、当日も早くから会場のセッティングなどをしました。

1407474917164_2

開場してからは、3歳から6年生までの仲間が集まって、壁画作り(!)、レクリエーション、子ども達のお祭り屋台、かき氷、手作りロケット大会・・・などを楽しみました。

1407474922691_2

アイディアいっぱいのお店屋さんは、大人も童心にかえらせてくれるようなわくわく感がたっくさん!!小さい子に優しくルールを説明してあげたり、きちんと自分のお店を守り、役割をこなしている姿には感嘆しました。今回は年長さん組もいましたが、特に母親が付かなくても、お兄ちゃんやお姉ちゃんのいる安心感の中で、落ち着いて楽しむことができていたのも印象的でした。

お客さんとしてご来場頂いた方々、ありがとうございました!頑張って準備、みんなを楽しませてくれたキッズスタッフのみんな、ありがとう!結構忙しい夏休み、リーダーのルーシーを筆頭に、子ども達と一緒に打ち合わせに、準備にと励んでくれたお母さんスタッフ、お疲れ様でした!せっかく出会えた仲間達、またみんなで何かしたいね!

毎日暑いですし、週末の台風も心配ですが、皆様お気をつけて、楽しいお休みをお過ごしください。

遠征日記

こんにちは

Photo

なっきーです。予定通り関東にいます。26日は深夜バスで新宿に到着して、朝ごはんを食べて会議に出席しました。臨床発達心理士会の事務所は西新宿にある小さなビルの中ですが、摩天楼を通り抜けていくので、おのぼりさんして写真撮って歩いていました。

福島プロジェクトといって、心理士会の組織で震災以降、専門家派遣を続けています。関東近郊の東北にゆかりのある先生が多いですが、私のような東海地区からもいっておられる方がみえて、報告会がありました。

また3年以上経って、最初は仮住まいで心理支援とは限らずなんでも手伝いをしていたという頃からみると、現地での発達支援も細やかな検査などにつながって多くの施設や関係機関の会議などがもたれていて、正直進んでいる部分もかなりあり、勉強になりました。

しかし、ではもう派遣の必要はないのかと尋ねると、実際に支援に入っている地区では、若い人たちが居住を避けるよう促されているということで、支援者特に専門の心理士の常駐が不在で、震災支援として派遣を続けないと子どもたちのケアは滞ってしまうということでした。

かといってずっと組織的で活動が活発な都内の常識を持ち込むことは押し付けがましくなてしまうというような話を聞き支援のあり方を考えることは本当に大事だと感じて聞いていました。

支援される側の立場にたって、何ができるか考えましょう、などと、いまさら心理のプロが言う言葉かという気もしますが、結局はそこなのですね。

FISTにしてもSCにしても、基本が同じなのです。支援を求めている人が、何を望んでいるのか、その希望をどうしたら叶えられるのかという発想で活動をしなければ、自己満足で押し付けがましい不快感が残ってしまうということなのでしょう。

8月の現地派遣に向けての心構えをしっかり教えてもらったと同時に、それが地元のあらゆる活動の基本であることを、ふぁすのみんなとも再度共有しようと書きました。

相手の受け入れられるペースで、ベストを尽くすこと。

夏休みにもFISTが目白押し。

なっきーも明日三重に戻り、FISTに行って、また神奈川に入ります。毎週のように依頼があるので滞りがでないよう、現在も娘の部屋でパソコンでデータの整理をしているところです。

客観的で冷静な見立てと、受け手の視線に合わせた伝え方。

二学期以降も勉強を続けて行きましょう。なっきーも進化を続けていますよ。

みんなも家庭と仕事を上手に切り分けて、生活してくださいね。

2

こちらはアパートのたこ焼きパーティの風景。遠慮していたら、誘ってもらったので乱入して楽しかったです。就職や進学や、それぞれに不安や悩みを抱えながら、ひょうきんで底抜けに明るい青年たちを見ていると、なんだか感動しちゃうのです。

ふぁみーゆ夏祭り

Photo_3

こんにちは
なっきーです。毎日暑いですね。
今日は夏休みのふあすのイベントのご紹介です。
ふぁすのセミナー事業では親子の体験学習のイベントをしています。ネモクラブもその一つですが、もう少し気軽にできるふぁみーゆという体験イベントで夏祭りを計画しました。
会員親子が夏の一日を楽しく過ごしましょう。
今年はどんな屋台が並ぶのかな?
楽しみです。
ルーシー実行委員長以下、実行委員の親子が夏休みも公民館に集まり準備をしてくれています。
なっきーも当日お手伝いします。
お待ちしています!

8月8日10時〜12時
箕田公民館
参加費200円

楽しく遊びましょう!

 

より以前の記事一覧