無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

ネモクラブ

鬼が牙アタックしました。

Img_6467

こんにちは

なっきーです。

思ったより雪が多くて登れるか心配しましたが、無事行ってきました。鬼が牙。

とがった岩山なのでどこまで道があるのか松の先は絶壁なのか、ハラハラの連続でした。

もちろんロッククライミングではない普通の登山なのですが、滑落の危険が大きい山なので低山の割りに緊張しました。

無事下山したら気が緩んで、おなかいっぱいカレーライスとぜんざいを食べて、あとはだらだらおしゃべり。でもその時間が実はとっても大事なんだとバルタン先生。

みんなで掘りごたつでわいわいおしゃべりしたり、居眠りしたり。今月も家族的冒険クラブ楽しかったです。

14日は、ネモクラブ例会

こんにちは。寒いですね。

2月14日はネモクラブ例会。さあ、また山に行こう!
お天気落ち着いてくれると良いですね。
寒波緩んでくれるかな?
なっきー家には学生さんが下宿中?!
わいわいキャンプに来てくれた柿ちゃんも参加します。またわいわいやりましょう!

山歩きで発見

Image

なっきーです。
寒の入りとなりました。
寒い中ですが、ネモクラブの例会をしました。
暖かくしてゆっくり懇親の新年会で泊まり、朝から散策をしました。

雪や風を考えてのイベントは神経を使いますが、今日は天気には恵まれたので、また山登りができるように体力作りを兼ねて歩いて行くと、雪の吹き溜まりの横に蕾を付けたミツマタや梅の枝を見つけました。
すっかり冬枯れしている野山に、実は春の息吹きが潜んでいることを教えられ、はっとしました。
大人同士、子どももそうだね。見えなくても力は蓄えているんだね。もっと信じていいんだね。

見える世界しか信じない自分を反省しました。

自然は本当に素晴らしい教師ですね。

2014ネモ冬山登山

Image

こんにちは。
全身筋肉痛のなっきーです。
だってあんな斜面やこんな崖登りしたので、足だけじゃなく、手足、おそらく内臓筋も。
嬉しい有酸素運動通り越してます。
おかげで若いみんなと、最高の気分を味わうことができました。
一つ頂に立って爽快感を味わうと、また先に新たな登り。
まさに人生そのものの山だな〜とつぶやいてました。
それをしっかり往復することで、人生のシュミレートができたかのように、瞳を輝かせて帰った子ども達を見ていると、自分も至福の気持ちになりました。

高さ、数、記録を誇る登山とは異なり、人生を哲学するネモの冬山登山。
4回目にして最も過酷なアタックでしたが、なっきーの膝痛も出ず、生涯発達だな〜と実感しています。

ネモクラブ例会は山登り

今年も雪が降る季節。そう冬山登山です。
行きますよ。南尾根直登コース。暑いより苦しくなく、雨より晴れより雪のが滑らない、鈴鹿山系の冬山登山。

14日ネモクラブ例会は山登りです。今年を締めます。
できるかな?

至福の時間

Image

こんにちは。
なっきーです。
爽やかな秋日和が続きます。
今日は2ヶ月ぶりのネモクラブの例会でした。
ゆっくり基地で遊びました。深まる秋の散策や美味しい野外料理を囲んで、いつものように和気藹々の至福の時間です。
信頼できる仲間と美味しいテーブルを囲む時間ほど貴重なものはないのかも、と思えるあっと言う間のネモクラブでした。
また来月は冬山登山にチャレンジです!

11月ネモクラブ例会

こんにちは。
今度の日曜日は久しぶりにネモクラブ例会です。
暑い暑いわいわいキャンプから、はや冬モードに。季節の変化が早いのですね。
10月が台風警戒で飛んだだけなのに!

ゴミ袋をつないで気球作りや、キャンプで作った弓矢で遊びます。
囲炉裏端が恋しい季節になってきたので、いろいろ焼いて食べましょう。
お会いできるのを楽しみにしています。

ネモ10月例会中止について

台風が迫っています。

10月5日はネモクラブ10月例会の予定でしたが開催中止を決定いたしました。

台風の再接近は6日という予報でしたが、ここ最近の自然災害の被害の大きさを振り返り、自然体験活動についても安全についてじっくり考えてみました。

体験活動の体験レベルについてです。

今年は山林移動でも蛭との遭遇の頻度が高く、わいわいキャンプではマムシとの遭遇体験もありました。幸いこれまでの活動で大きな事故に至っておらず、9回目を迎えたわいわいキャンプも無事行程を終了できたのですが、永く続けていると、過去の体験から安全に対する判断を下すことが多くなります。「去年は大丈夫だった」と。

しかし、大津波以降、過去何年なら大丈夫と、誰が決めるのだろうという課題を考えるようになりました。自然の呼吸の間隔は人間とは比べ物にならない悠久な時間なのかも知れません。だから常に準備を、ということになり、そのための訓練がネモクラブなのですが、訓練である以上、逆に安全がある程度の安全も確保されなくてはなりません。

つまり、無謀と体験の線をどこに置くかということも、こうした活動のリーダーがしっかりと考えるべき点なのでしょう。

Img_4275
ターザンダイブで楽しんだ滝つぼで感じたのですが、流れ込む水流への「畏れ」。これはアトラクションとは違うなあと言うのが実感でした。毎分数トンというような水が流れ込み、その下に入ったら巻き込まれて出られなくなるだろうというすざまじさを感じました。そういう意味では水害にみまわれるとこんな風だろうかと言う体験にはなったと思うのですが、もしそこに自然への畏敬がなければ、バルタン先生やスタッフの安全確保のチームワークがなければ、直ちに事故がおきるような活動でもあるのです。

遊園地や公園の水系のアトラクションや人工滝は岩肌の表面を水が流れているだけです。レジャープールのスライダーもそうですね。

本当の滝は勢いも水量も圧倒的に違うので、一つ間違えるとあっとい間に人間などもみ消されてしまうというのが恐怖と畏敬の感覚でした。

そういう感覚に打たれることが、また滝に打たれる修行などの意味なのかもしれませんが、よく考えて行動しなければと肝に銘じた体験でもありました。

登山にしても、火山に限らず、山は常に危険なのですよね。そういうことをじっくり考えるために、ネモクラブも活動を行うだけでなく、台風を前に、備えということを家族で話し合ったり準備を一緒にすることが、また貴重な体験活動になると考えました。

これまでに培った安全意識をぜひ家族で話し合って、対策を始めてください。

私はこれから、民生委員として近所の一人暮らし高齢者の様子を伺って参ります。心配な方を安全な施設に誘導する必要があるかもしれません。たいていは自宅が一番安全なのですが。

神奈川の学生らに連絡を取ると、すでに懐中電灯、水、非常食は用意をしたと返答。その上で、今からカラオケ行くそうです。余裕?

スマホの充電機の充電を済ませておくよう助言をしました。災害はいつどのようにおきるかはわかりません。防ぎようがないこともしばしば。しかしやはり準備だけは大事ですよね。

ネモクラブ10月例会のお知らせ

思ったより暑いですが方々で無事運動会も開催されているようです。

5日日曜日はネモクラブ10月例会です。今度はわいわいキャンプの日に夕方の雷雨で遊べなかったツリーハウスの整備を進めたいと思います。

ただ鈴鹿市内はF1日本グランプリで夜遅くまで交通混雑が予想されますね。みなさん十分に考えて行動しましょう。

行動といえば御嶽山の犠牲者が多数とわかってきました。お知り合いとか、連絡とれていますか?なっきーは年齢的に子育て一段落した同級生に山ガールが増えているため、連絡を取り合って確認中です。

火山に限らず山登りは危険なので、覚悟があるとは言え、ショックな休日でした。

今年のキャンプでは二度蝮に遭遇して、蛭の被害もありました。野外は常に危険と隣り合わせということを改めて学んだ機会でもあります。

ゆっくりと安全な基地を整備しながら、秋見つけもきっと考えてもらえることでしょう。毎度ながら濃いキャンプの振り返りなどしながら秋の一日をバルタン星で過ごしたいと思います。

どうぞお楽しみに。

ネモクラブ親水編

Img_3495

こんにちは。

梅雨明けして暑い毎日ですね。夏休み最初の3連休を楽しく過ごされましたか?

ネモクラブの7月例会では一泊してゆっくり遊びました。

続きを読む "ネモクラブ親水編" »

より以前の記事一覧