無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

わいわいキャンプ

わいわいキャンプⅨレポート

Img_4364

なっきーです。福島レポートはゆっくり書きたいので、割り込み失礼します。

危ぶまれたお天気でしたが、わいわいキャンプⅨが開催されましたのでレポートします。

前日までの雨天で川の増水も心配でしたがみごとなエメラルドグリーンの滝つぼに飛び込むことができました。

Img_4279
今回なんと初のマムシ遭遇!

続きを読む "わいわいキャンプⅨレポート" »

今年もわいわいキャンプです

こんにちは。
なっきーです。
夏休みも追い込みです。そして休みが終わってから恒例の、わいわいキャンプです!
今年はⅨ、つまり9回目になるのかな?
バルタン星でのキャンプでは二年目。
昨年から内容の見直しもしておりますが、今年もこれからじっくり詰めていきます。
参加者の顔ぶれを見て考えるため、ただいま募集中。
家族で話し合い、ご参加下さい。
おっと、開催は9月6.7日ですよ!
リクエストがあればお寄せ下さいね。

ありがとう!~わいわいキャンプⅧVol.5~

3なっきーです。アトリエの写真が入ったので飛んでしまいましたが、最終回、わいわいキャンプⅧのレポートです。

雨の音を聞きながら朝ねぼうした今年のキャンプ。なにしろ時間制限がないので、のんびりと朝食の準備ができます。

恒例となった牛乳パックホットドッグ。簡単、おもしろいの上に、おいしいから続けています。

8自分で調理したホットドッグを牛乳パックに入れて

6ファイヤー!

7_2フルーツも副菜もあり、ゆったりとリッチなキャンプ料理を味わいながら、みんなでわいわいと振り返りました。

次になにをやろう、何が面白かったと大人も子どもも一緒におしゃべりします。家でテレビやゲーム、パソコンに奪われた団欒の時間を思い出したかのような活発なおしゃべり。

みんなで片付け、お掃除をして、今年のわいわいキャンプは閉幕しました。

仲間が揃って工夫したり冒険したり、大人もわくわくどきどきを十分に楽しんだキャンプでした。こどもにしてやった感よりも、大人がさせてもらった感、ありがとう。子どもたち。ありがとうバルタン星。

ネモクラブの活動を、今年は毎月やってきて、わいわいで宿泊したことで、より親しくなれた感じです。

アイスクレープから宴会まで~わいわいキャンプVOL.4~

20130907_211614_661_2おっと失礼、花火よりもアイスクレープが先だったそうです。昼間作って冷やしたアイスクリームが「やばい」と声があがるほどおいしくできていました。

20130907_212011_106さっそくクレープに載せてトッピングをまぜていただきます。

20130907_212214_621「アイスが溶ける!と騒がれて写真が上手に撮れませんでしたが、とってもおいしかったです。

これで一日目は活動を終了して、交代でシャワーを浴びて、あとはリラックスタイム。

20130908_000825_147恒例となった懇親アワーです。バルタン先生の手品ショーから始まり、じっくりと家庭教育論議やつぎのネモのネタなど話題は尽きません。途中雨の音が聞こえてきてもインドアなので問題なし。

20130907_235403_898そうそう、名古屋で走り回ってゲットしてもらった、中津川名物栗きんとんもスイーツに登場。Lineグループに「ネモ女子隊」が編成されて、情報が飛び交い、北は名古屋で栗きんとん、南は津で赤福餅と購入に走ってもらい、キャンプに花を添えてくれました。

ネモ女子隊の機動力、どや!と盛り上がりました。

SNSの使い方は問題視ばかりされるけど、こういう使い方が本来じゃないの?とかいいながら夜は更けていきました。4時??

明日はいよいよ最終回。恒例の牛乳パックホットドッグです。

勇者の儀式からキャンプファイヤーそして花火~わいわいキャンプⅧVol.3~

Imgp0253さて日が暮れました。天気予報はあまり芳しくなかったのですが、雨雲レーダーで雲の様子を見るに、午後7時の通り雨が過ぎるとそのあとしばらく雨は降らない見込み。よし、実行だ。というわけで、仕込みチームが一足先にスタートしてから、子どもたちが手に手に手作りランタンを持って夜道を進みます。

Imgp0254今回は暗い森に続く道を進み森の奥にいる賢者に勇者の灯りをわけてもらうという至ってシンプルなストーリーではあるのですが、何しろ夜の野外。恐怖は倍増です。すでにレギュラークラスの小学生(一人は小3ですが、なんと2歳から参加していたそうです!)大人たちに絶対の信頼があるのでしょうか、それとも早く終えたかったのでしょうか。トップであることもひるまず、スタート。「お友達を捨てて一人で走っちゃだめだよ」という約束をしっかり守り慎重に進んでいきました。

Imgp0258だって、ほら、真っ暗な森には番人が。でも脅かすためにいるのではありません。本当は道をそれないように子どもたちを守ってくれているのです。ちゃんと「こんばんは」と挨拶をして過ぎて行ったそうです。

Imgp0260_2今回はこれまでスタッフ側だった中学生もソロで参加。暗い道を一人で歩く冒険を楽しんでいる様子。そこでなっきー、耳打ちします。

「この暗く先の見えない道は、『人生』だ。君たちは自分の意思で歩くんだよ。そして自分で灯火を手に入れなさい。先の見えない恐怖と戦い、自分の感じることをしっかりと味わっておくといい。これから訪れる人生の試練のときに、今日の恐怖を思い出して戦うことになる。でも知っているでしょう。決して大人は君たちを見捨てない。もし本当に危険ならばいつでも助けを呼べば、君を助けに来る。それを信じて歩いていくといい。」

そこにはなにか厳かな張り詰めた空気が漂っていました。あとから写真見ると、ほら、オーブが!

Imgp0270_2森の奥の賢者と交わされた会話は秘密です。しかし無事灯火を手に入れて集まった勇者たちの顔は、誇らしく晴れ晴れとしていました。さまよえる思春期の若者たちにも何か転機となってくれることを祈ります。

Photoその灯火は大切にバルタン星に持ち帰り、トーチからさらにキャンプファイヤーへと点火されました。見てください。彼らの真剣な表情。

Imgp0279誰も欠けることなくファイヤーを囲みます。一緒にいる心地よさ。

Imgp0281手作りランタンから漏れる火が暖かく見守っています。夜は更けていきますが、あ、忘れちゃいかん。もう一つのわいわいの目玉イベント、それは!

12打ち上げ花火だーー。今年もありがとう。こうちゃんファミリー。

これは内緒なんですが、多くの森の写真に白い泡のような物が写ってます。いわゆるオーブと呼ばれるものです。またファイヤーの写真にはすべてに青い影が。普通なら怖がるところですが、全然そんな気配は感じませんでした。むしろ、何か守られていたような。

あれはきっと、子どもが大好きだったという、バルタン先生のお父様が見守っていてくださったのだろうと、なっきー家では意見がまとまりました。

ベーグルバーガーと赤福氷~わいわいキャンプⅧVol.2~

Imgp0193帰り道は当然びしょぬれ。びしょぬれ体験も楽しく、みんなでわいわいおしゃべりしながら道を下ります。

Imgp0201今回は道端に轢かれている蛇の赤ちゃん発見。途中バルタン星までワープして、それから食事の準備です。

Imgp0204_2今日のお昼はセルフベーグルバーガー。交代で着替えをして食材を準備します。

Imgp0207ハンバーグもパンも大量に料理するので、そういう時はもちろん

Imgp0205お父さんたちの出番。なかにはバーガーショップでのバイト経験のある人もいたりして、話題は広がります。いろんな家庭の経験がここで共有できて、なかなか勉強になる時間です。

Imgp0213いつも家庭で一方的な母親サービスになれてしまう家族が、大家族ならではの役割分担でおしゃべりしながら準備をします。セルフで好みのトッピングをして、

Imgp0211_2みんな揃っていただきます!とがっつり食べます。ジューシーなハンバーグがとってもおいしいと評判良かったです。いろいろ考えて準備した甲斐がありました。

Imgp0217食後のおやつは、かき氷。ここでもお父さんパワー炸裂?

20130907_150226_793_2でも前日までにお母さんが走り回って準備したのは、なんと赤福餅!これを仕込んで・・・

Imgp0219_3赤福氷風かき氷のできあがり。至福のひと時ですね。こういう、ある意味「くだらない」楽しさって家族だけではなかなかしないものでは?普通なら食べにいっちゃうもんね。でもみんなで何かやろうと準備するのが楽しいのです。

Imgp0222が一部の仲間は氷だけでなく、何か混ぜています。これはアイスクリームを作っているところ。

Imgp0225実は夕食後のアイスクレープに載せるアイスクリームを作ってこれから仕込んでおくのです。うまく固まるのかな??どきどき。

Imgp0226夕食前の一仕事は、「勇者の儀式」に使う、マイランプです。地球に優しい空き缶リサイクル。缶をくりぬき、タコ糸の芯を取り付けててんぷら油を入れます。

プルトップ部分で吊るし、上にハーブエッセンスオイルを垂らせば、アロマランプのできあがり。これ、非常災害時にもある物で灯りを作るヒントになるとロバートより講釈あり。試作品作りのために嬉しそうに飲んでいたことは内緒?

さて、夕飯準備だ。そして暗くなったらいよいよ「勇者の儀式」だよ!

シャワークライミング~わいわいキャンプⅧVol,1~

Imgp0119今年で実質通算7度目(一回台風で中止になったので)になる、わいわいキャンプⅧが開催されました。

今年はバルタン星で泊り、じっくりと楽しむキャンプです。

午前のメインイベントは「シャワークライミング」。山登りの格好で沢を上るのです。

Imgp013015名のパーティでフォーメーション組み、川へGo!

Imgp0134数日前の大雨で夏中少なかった川にたっぷりの水が流れ、苔も洗い流されていたため、絶好のコンディションとなりました。本格的なウエットスーツにライフセーバー着用のつわものもいます。一方登山靴や地下足袋といういでたちの人も。

Imgp0145_2足元を川の豊かな水にすくわれないよう、一歩ずつ踏みしめます。全身の筋肉バランスと手足の感覚統合プラス、水に抵抗する浮力も計算に入れて進みます。

Img_27547538699623三つ淵まで行くと、早速飛び込むお父さんの姿が。

Imgp0189それに釣られて若者からお母さんまで次々に飛び込み。冷たい水、飛び込むスリル。日常から解放された高揚感で大人も大興奮で、持参のおにぎりを食べさせることも忘れていました。

おなかがすいてきてので、そろそろバルタン星に戻ります。

明日はお昼の「ベーグルバーグ」をレポートします。

わいわいキャンプⅧ来週やります

20130831_100606_728_2今年もやります。

わいわいキャンプⅧ.

今日は下見をしていました。台風の影響でとても蒸し暑いです。来週は少し涼しくなるかな?

シャワークライミング体験や恒例勇者の儀式をイメージしてスタッフで話し合いました。

途中で葛の花を見つけました。さわやかな「匂い袋」のような香り。

バルタン先生に教わるところ、葛という字には「匂」が入っています。草冠にお日様とよい「匂い」の花ってことですね!

20130831_102049_971それから散策をしながら勇者の儀式の舞台となる野外を下見。バルタン先生が最初に提案くださった場所は想像以上に草が生い茂り断念。別の候補地を見るとなかなかの迫力がありそうなので、そちらに決定しました。

20130831_102156_377シンプルに暗い野外を歩く体験をしてもらうことと、安全衛生の両立を厳しい目でチェック。

20130831_110859_535またまたなぞの地図登場。

さあ、今年はどんな冒険をしようかな。お楽しみに!

わいわいキャンプⅦ速報

1346508122722 わいわいキャンプⅦが開催されました。

多くの家族の気持ちで今年も無事大成功。もちろんお約束の雨とかいろいろありましたが。コアスタッフの強固なチームワークの上に、育ってきた子ども達の機動力。

1346474423132 写真の方は数百枚のレベルなので、これから厳選して徐々にレポートしていきます。

暑い中、準備をして家族で来てくれたみなさん、本当にありがとうございました。片付けもすみましたか?暑くて体中痛くて余韻に浸る余裕のない方もみえるかもしれませんが、身体の疲れが薄れるにつれて、蓄積された経験や感動が徐々に意識にのぼってくることでしょう。

1346470962984バルタン先生のおっしゃるように、この体験は今すぐというよりは、これからの人生の中で、一番大事な場面でフラッシュバックされて、生きてくるものでしょう。

1346485690430 賢いふぁすファミリーとしては、家族でもう一度、「楽しかったこと。頑張ったこと。嬉しかったこと。」というポジティブな話題を子どもから聞いてじっくりと振り返ってあげてください。くやしかったことも聞いてあげてください。「じゃあ、次はどうしたらいいだろうね?」前向きに考える機会にしてあげてください。

1346489129073 社会技能訓練というと難しいけれど、「何かをやってみる」⇒「それを振り返ってみる」⇒「どうだったか考える」⇒「次にどうしたらよいか考える」⇒「また次の機会にやってみる」というPACDの繰りかえしを身につける練習に過ぎません。

大人も子どももそれは同じです。それにはまず、体験してみること。

ああ、暑かった。勇者がおもしろかった。水羊羹、おいしかった。

いろんなこと、思い返して一緒におしゃべりしてあげてください。

写真の整理が出来次第、詳しい報告をアップします。まずはお疲れ様でした!

現地確認

朝、結構雨が降ったので、現地確認に行きました。グランドが湿った程度。気温低めで大丈夫そうです。警報なければ、雨でも集合ですからね。

undefined

10時に開会できるよう、余裕持ってお越し下さい。

鈴鹿峠のランドマーク「三つ子山」を臨む緑濃い「鈴鹿峠自然の家」美しい所ですよ。


より以前の記事一覧